オステオパシーとは

オステオパシーは1874年、アメリカの医師アンドリュー・テイラー・スティルによって提唱されました。彼は人体をひとつの簡潔した世界と捉え構造と機能の関係に注目しました。

オステオパシーの目的は単に痛みを取ることではなく、筋骨格系の障害を取り除くことで身体全体の正常な体液循環とバランスを回復させ、その結果として疾患の改善や人間の健康度をより高くすることにあります。オステオパシーは既存の医学を否定するものではなく、いわば「手当て」による器量の原点ともいえる治療法です。

また、ソフトな方法が多く乳幼児から高齢者まで幅広く治療可能なことも特色のひとつです。現在の西洋医学が対症療法主体とならざるを得ないのに対して、オステオパシーは根本的な治療が可能な総合医療なのです。


即実践に活かせる技術を身につける4つのコンセプト

身体はひとつのユニットである

身体の各部分はそれぞれに自分の問題と仕事を持っているにもかかわらず、各部分は他の部分の利益となる作業をする。オステオパスはそれぞれの患者の体が、その精神的、霊的な心の作用と相互に影響しあって全体として生体の最適な効率と目的のために各部分の円滑な機能発揮をすることを望んでいる。

身体は自己調節機能を持つ

人体は自己を防衛し、修復し調整し恒常性を維持していく機能機序をもつ。機序の中には能動的免疫機能により異物を無毒化し、また常に関節や体性組織と内臓器官の機能障害を修理している。熟練したオステオパスは全く無症状で健康と思われる人でも筋骨格系機能障害の徴候を見つけることができる。

機能と構造は相互に関連する

この概念で用いる“相互的”という言葉は構造が機能に影響し得るし機能も構造に影響し得ることを意味する。生理学者コー博士は神経筋骨格系を“生命の機械”と呼んだ。マイケル・パターソンは脊椎分節の長期間の機能障害は同分節の神経支配を受ける内臓器官の機能に影響する、またその機能障害を除去すると内臓器官の正常機能が回復する。又筋骨格系の機能障害が長期化すると中枢神経系の“記憶形態が焼かれてしまう”と考えられる、この場合最初の筋骨格系の影響を除去しても障害は残り続けるだけでなく激化する。

合理的治療はオステオパシー哲学の他の3原則に基づく

機能と構造を改善する既存の診断と治療の方法に習熟すれば、オステオパスはさらに効率的に機能障害の部位を判断し構造を改善できるし患者も機能改善を実現できる。手技が関節の体性機能障害に好影響を与えることはよく知られているが、オステオパシー手技療法が人体の自己調節と自己防衛の機序を改善することも事実である。機能と構造は相互に関係しているのでオステオパシー手技は人が健康な時も病気の時も恩恵を与えることができる。


オステオパシーの主要治療症状

各種頭痛・めまい・不眠症状・耳鳴り・鼻疾患・口腔疾患・顎関節症・むち打ち症状・肩こり・腰痛・背中の痛み・婦人科系疾患・産婦人科的疾患等身体の多岐に亘った疾患を効果的に治療していきます。

日本におけるオステオパシー

1874年にオステオパシーの哲学、理念が明確にされ、1896年にアメリカのバーモント州で医学として認められました。1910年には日本にも紹介されました。しかし、欧米先進国では医学として国家の認定資格となり普及しましたが、指圧や整体など東洋医学を源流とする施設が普及していた日本では医学とは区別されたまま現在に至っています。

オステオパシーでは手技療法(マニピュレーション)を用いますが、日本ではマッサージなどと混同されてしまい、オステオパシーの治療の医学的な裏付け等についての無理解や誤解もありまだ広く普及しているとは言えない状態です。自然治癒力を最大限に引き出し免疫力を高め病気予防にもつながるオステオパシーは、今後日本でも多くの人に必要とされていくと思います。

現在、日本では国家資格も公的認定もありませんので、知識量や技術の質が施術者によってばらばらになってしまっています。当学院で正しいオステオパシーの哲学と技術を学んでいただき未来の日本のオステオパシーの発展を担っていただきたいと思います。

授業の様子は、毎週日曜日に開催される学校見学でご覧頂けます。こちらからお申込みください。